南方熊楠紹介>熊楠の歩んだ道 トップページへ
熊楠の歩んだ道

歩んだ道・日本地図
1867年
・和歌山市にて誕生

1873年
・雄小学校入学

1879年
・和歌山中学校入学

1883年
・神田共立学校入学

1884年
・東京大学予備門入学

1886年
・東京大学予備門退学

1886年12月
・横浜より渡米
1887年
・サンフランシスコ着
 パシフィック・ビジネス
 カレッジ入学
・ミシガン州州立農業学校
 転入

1888年
・ミシガン州州立農業学校
 退学

1891年
・フロリダ州ジャクソンビルへ

・キューバ島で地衣新種発見

1892年
・ニューヨークからロンドンへ

1900年9月1日
・ロンドン発 帰国
歩んだ道・世界地図
那智勝浦時代 田辺時代 熊楠生誕の地 在英時代 在米時代
年 次 西暦 年齢 時代 事   項 参考事項
慶応  3 1867 0


4月15日 和歌山市南方弥兵衛、スミの次男として生まれる 1867大政奉還
明治  6 1873 6 雄小学校入学 1871廃藩置県
        10才の頃から『和漢三才図会』『本草網目』『大和本草』など筆写する 1877西南の役
12 1879 12 和歌山中学入学  
16 1883 16


神田共立学校入学  
17 1884 17 東京大学予備門入学  
19 1886 19 東京大学予備門退学  
      日本菌類7,000点採集の立志  
20 1887 20


サンフランシスコ着 パシフィック・ビジネス・カレッジ入学  
      ミシガン州、州立農業学校転入  
21 1888 21 ミシガン州、州立農業学校退学  
        ミシガン州アナーバーへ移り動植物採集  
22 1889 22 日本のゲスネル(有名な博物学者)とならんと誓う 帝国憲法発布
24 1891 24 フロリダ州ジャクソンビルへ(地衣採集家カルキンスを相知る)  
      キューバ島へ 地衣の新種発見  
25 1892 25


ニューヨークからロンドンへ  
26 1893 26 科学雑誌『ネイチャー』に「極東の星座」を寄稿して有名となる  
        大英博物館に通い始める  
      1898年まで在職中稀書を手写 その技書は52冊13,346頁に及ぶ  
       土宜法竜と会う (交際は法竜の晩年まで続く)  
27 1894 27 ロンドン大学事務総長ディキンズと親交 日清戦争開始
30 1897 30 孫文と出会い親交を結ぶ  
32 1899 32 『ノーツ・アンド・クィアリーズ』誌に寄稿 以後多数の論考随筆を発表  
33 1900 33 ジョージ・モレイより日本隠花植物の目録を完成するようすすめられる  
      9月1日 ロンドン発 帰国  
34 1901 34


孫文和歌山市来訪再会  
      那智勝浦にて生物調査と採集を行う  
      土宜法竜との書簡の中で「南方曼陀羅」を展開  
37 1904 37 熊野古道を那智より田辺に入る 日露戦争開始
明治 38 1905 38


ディキンズとの共訳『方丈記』を発表  
39 1906 39 田村松枝と結婚  
40 1907 40 神社合祀反対自然保護運動起こす  
44 1911 44 大蔵経の抄写索引を作り始める  
      柳田國男との文通始まる  
大正45 1912 45 『日本及日本人』に神社合祀反対意見発表  
2 1913 46 『郷土研究』『民俗』に寄稿  
3 1914 47 『太陽』に「虎に関する民俗と伝説」を発表(十二支考)  
4 1915 48 スウィングル博士来訪 神島に渡る (米国への招きを断る) 第一次世界大戦始まる
5 1916 49 『太陽』『郷土研究』『人類学芸雑誌』『考古学雑誌』に寄稿続ける      
6 1917 50 自宅の柿の木で粘菌新属新種「ミナカテルラ・ロンギフィラ」を発見  
9 1920 53 高野山へ菌類採集 土宜法竜高野山管長と再会  
10 1921 54 「南方植物研究所」設立趣意書成り上京活動する 大正12年9月1日
関東大震災
14 1925 58 矢吹義夫宛長文の履歴書を作成
15 1926 59 『南方閑話』『南方随筆』『続・南方随筆』刊  
昭和  3 1928 61 和歌山県内 川又、妹尾国有林で菌類図録   
4 1929 62 6月1日「神島」にて昭和天皇をお迎えし、お召艦長門でご進講、キャラメル箱にて粘菌110種等進献 昭和6年
満州事変起こる
11 1936 69 「神島」国の史跡名勝天然記念物に指定される 昭和12年
日中戦争始まる
16 1941 74 12月29日 没す (墓所 和歌山県田辺市高山寺) 12月8日
太平洋戦争開始
20 1945 没後
  昭和20年
8月15日終戦
23 1948 7 ミナカタ・ソサエティ設立(代表 渋沢敬三) 昭和21年
日本国憲法公布
26 1951 10 南方熊楠展(東京・大阪・名古屋・神戸・和歌山・田辺)
      『南方熊楠全集』十二巻刊行(乾元社版)  
38 1963 22 御製「雨にけふる神島を見て紀伊の国の生みし南方熊楠を思ふ」
ご発表歌碑建立
 
40 1965 24 白浜町に南方熊楠記念館開館  
44 1969 28 南方熊楠先生生誕百年記念第1回シダ展開催  
46 1971 30 『南方熊楠全集』十二巻刊行(平凡社版)  
62 1987 46 南方熊楠邸保存顕彰会発足  
平成  2 1990 49 『南方熊楠賞』制定  
9 1997 56 第1回南方熊楠ゼミナール開催  
12 2000 69 南方文枝(長女)没す  


財団法人 南方熊楠記念館
〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町3601-1(番所山)
TEL・FAX 0739-42-2872

トップページへ 南方熊楠紹介へ