第6コーナー 晩 年
晩 年
 健脚を誇り山々を駆け巡った熊楠であったが、晩年は体の衰えが進み、外を出歩くことがあまり出来なくなった。
しかし、弟子たちが持ち込んでくる菌類による「日本菌譜」の完成の為、昼夜にわたり奮闘し、長女文枝の手助けも得てその写生と注釈入り図譜の作成に超人的な力を注いだ。
 こうした状況の中でも熊楠は、さまざまな反対運動を続け、不合理なことには一歩も譲らず、庶民の福利と固有の文化を守りぬこうとしたのである。
 また、1934年11月、神島を一層強固な保護の島にするため、国の史跡名勝天然記念物の指定申請書を完成させ、県知事を訪れ提出する。(1936年1月文部省に指定される)。
 1935年(昭和10)、県会議員の選挙に立候補した毛利清雅が、熊楠に選挙事務長を頼んだ。両足の不自由な熊楠は奔走することも出来ず、葉書1018枚に自筆で署名し、出席した演説会で頭を下げ、挨拶文は他の者に代読させただけだったにもかかわらず、熊楠が顔を見せると聞いて大勢の人が集まり大きな拍手をうけたという。
 熊楠のこうした支援もあって、毛利は悠々当選した。

 1936年、日中戦争が起こり戦局が多難になってきことに加え、往年親しき交流をしてきた、毛利清雅や川島草堂、また、生涯の親友喜多幅武三郎らが死去し、その頃から熊楠は体調を崩し、やがて病床に就くようになった。
 しかし熊楠は、幾度も倒れながら、「日本菌譜」完成のため、写生や注釈の書き込みをしたり、手紙による指導を続けたのである。
 1941年12月、太平洋戦争が始まった頃、いよいよ病状が悪化し、医者を呼ぼうとする家族に向かって熊楠は、「もういい。この部屋の天井に美しい紫の花が咲いている。医者が来れば、この花が消えるから呼ばないでくれ。」と言って拒んだ。自らをセンダンの花にたとえていた熊楠、御進講の時、神島に咲いていたセンダンの花を思い浮かべていたのであろうか。
 翌12月29日、世界が認めた在野の巨大な学者は、波瀾に富んだ生涯を静かに閉じた。75歳であった。
熊楠の顕微鏡
熊楠が愛用していたルーペ
図譜作成用絵の具 臨終の熊楠
臨終の熊楠
年 次 西暦 年齢 時代 事    項 参考事項
11 1936 69

「神島」国の史跡名勝天然記念物に指定される 昭和12年
日中戦争始まる
16 1941 74 12月29日 没す (墓所 和歌山県田辺市高山寺 12月8日
太平洋戦争開始
20 1945 没後



  昭和20年
8月15日終戦
23 1948 7 ミナカタ・ソサエティ設立(代表 渋沢敬三) 昭和21年
日本国憲法公布
26 1951 10 南方熊楠展(東京・大阪・名古屋・神戸・和歌山・田辺)
      『南方熊楠全集』十二巻刊行(乾元社版)  
38 1963 22 御製「雨にけふる神島を見て紀伊の国の生みし南方熊楠を思ふ」ご発表歌碑建立  
40 1965 24 白浜町に南方熊楠記念館開館  
44 1969 28 南方熊楠先生生誕百年記念第1回シダ展開催  
46 1971 30 『南方熊楠全集』十二巻刊行(平凡社版)  
62 1987 46 南方熊楠邸保存顕彰会発足  
平成 2 1990 49 『南方熊楠賞』制定  
9 1997 56 第1回南方熊楠ゼミナール開催  
12 2000 69 南方文枝(長女)没す  

前ページへ

財団法人 南方熊楠記念館
〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町3601-1(番所山)
TEL・FAX 0739-42-2872

トップページへ 館内案内目次へ