館内案内目次>熊楠文庫図書一覧 トップページへ


熊楠記念館文庫一覧
(注:現在分類整理のできている図書です。これ以外にもあります。)

資料番号
1 〜 50  51 〜 100 101 〜

番号 区分 資 料 名 読 み 編 著 者 年 月 日 出 版 社 内 容 メ モ
1 書籍 Encyclopedhia Americana Encyclopedhia Americana AmericanaCorporation 1964 NewYork -
2 文庫書籍 Minakata Kumagusu:“Een biografische studie” Minakata Kumagusu:“Een biografische studie” MORTELMANS KARINE 1992 BELGIUM 題名は「南方熊楠の生物学の研究」。笠井清氏の単行本や南方熊楠の英文論考を題材にして書かれた卒業論文。著者はベルギーの留学生か。
3 書籍 The Americana Annual The Americana Annual L.P.Dudley 1964 NewYork -
4 書籍 The Book of Popular Science The Book of Popular Science - 1963   -
5 書籍 World Atlas World Atlas - 1962 NEW YORK -
6 文庫書籍 異彩天才伝 いさいてんさいでん 荒俣宏 選 1991初版
1995.2.153版
福武書店 編者が選んだ、奇人たちを描いた逸話の数々を収録している。南方熊楠もその一人に数えられている。「南方熊楠・宮武外骨」(木本至)「南方熊楠」(中山太郎)を収録。
7 文庫書籍 伊勢神宮宮域産苔類図鑑 いせじんぐうぐういきさんこけるいずかん 孫福正
山田耕作
1964. 3.31 神宮司庁林務科 コケ類のなかでも、苔(タイ)類、角苔(ツノゴケ)類を扱う。採録したものは伊勢神宮宮域内のものに限られるが、日本産の総数の約2割を占め、西日本平地部にみられる種の主なものはおよそ網羅している。145種、7亜種、1変種について図説している。和名索引、学名索引付。のる。
8 文庫書籍 伊勢神宮植物記 いせじんぐうしょくぶつき 伊藤武夫 1961. 9.20 神宮司庁林務科 1952年出版頌布した神宮宮域植物目録を、一般にわかりやすく書いた本。顕花植物、裸子植物、シダ植物について分類し解説している。植物の分布域、植物の薬効成分などについても詳しい。
9 文庫書籍 うしお - 1991. 1. 1 潮出版社 記事「森林としてのミナカタ」(佐山和夫)あり。記念館蔵品の写真あり。
10 文庫書籍 絵本 熊楠特集 (7冊セット) えほんくまぐすとくしゅうななさつせっと 松下千恵・絵
わたなべともこ
1987.12.25 わかやま絵本の会 南方熊楠の生涯、紀州の俗伝(南方が集めた言葉、ほたるのことなど)がある。7冊のうち、南方熊楠に関係するのは2、3冊。
11 文庫書籍 えほん 南方熊楠 十二支ばなし えほんみなかたくまぐすじゅうにしばなし 抜粋
再話松下千恵
1993.12.20 わかやま絵本の会 児童書。南方熊楠の十二支考の絵本版。「牛」については全集から抜粋している。解説「十二支考と南方熊楠」(中瀬喜陽)あり。
12 文庫書籍 覚書 南方熊楠 おぼえがきみなかたくまぐす 中瀬喜陽 1993. 4.30(初版) 八坂書房 郷土人が見た熊楠像。「熊楠を巡る女たち」「素顔の南方熊楠」ほか、資料紹介がある。「宇井縫蔵宛書簡」ほかの書簡、神社合祀反対論初期資料など。現在記念館蔵品である柳田宛葉書3枚にわたって書かれた「鬼と婚して食れた話」も所収。書簡
13 文庫書籍 岳父 南方熊楠 がくふみなかたくまぐす 飯倉照平
原田健一編
岡本清造
1995.11.15(初版) 平凡社 本書は書簡と新聞随筆を中心とした岡本清造の著作を集めたものである。南方熊楠の著作を岡本が発表したものも一部ある。書簡は、渋沢敬三宛、岡田桑増宛、高木桑三宛、樫山茂樹宛を収録している。新聞随筆は、『紀伊新聞』『紀伊民報』『紀州産経新聞』に掲載されたものを収録している。(凡例より)
14 文庫書籍 学界偉人 南方熊楠 がっかいいじんみなかたくまぐす 中山太郎 1943. 1.25(初版) 冨山房 南方熊楠の伝記。南方と直接面識があり、指導を受けた人であるから、参考になるところもあるが、誤伝・誤聞がとても多く、この書は南方をひろく紹介した本であると同時に事実とはまったく違った南方像を流布した罪も少なくない(笠井清)。内容は、「人間としての翁の風格」といったこと。いずれにせよ南方の伝記では歴史的に貴重な書。
15 文庫書籍 上富田町誌 かみとんだちょうし - 1992.3.31 上富田町 南方熊楠がとり上げている「田中神社」の記事あり。
16 文庫書籍 上富田町誌 かみとんだちょうし - 1989.4. 1 上富田町 南方熊楠の神社合祀反対運動に関する記事あり。
17 文庫書籍 奇想天外の巨人 南方熊楠 きそうてんがいのきょじんみなかたくまぐす 荒俣宏
田中優子
中沢新一
中瀬喜陽
1995.10.23(初版) 平凡社 本書は雑誌「太陽」(1990.11)特集「奇想天外な巨人南方熊楠」に加筆・再構成したものである。ほとんど写真集といってよい。
18 文庫書籍 狂気か天才か きょうきかてんさいか シナリオ亀井宏
劇画小島利明
1995.6.10初版 三友社出版 コミック巨人再発見シリーズ。児童用図書。南方熊楠の生涯を六章にわけて、自然科学者である南方熊楠を描いている漫画。
19 文庫書籍 巨人伝 きょじんでん 津本陽 1990. 3.20(5刷) 文芸春秋 「在野研究者・南方熊楠」の全体像を描いた「大河評伝長篇」(帯より)
21 文庫書籍 巨人伝 上 きょじんでんじょう 津本陽 1992.7.10 文藝芸春 津本陽『巨人伝』(794,B21)の文庫版。南方熊楠の内面まで描いた、傑出した長編小説。
20 文庫書籍 巨人伝 下 きょじんでんげ 津本陽 1992.7.10 文藝芸春 津本陽『巨人伝』(794,B21)の文庫版。南方熊楠の内面まで描いた、傑出した長編小説。
22 文庫書籍 巨人列伝 きょじんれつでん 別冊宝島編集部 1993.1.5
(1991.10.9初版)
JICC出版局 桐本東太「山師クマグスが吠える!」「熊楠の生涯」あり。別冊宝島141。
23 文庫書籍 近代神仙譚 きんだいしんせんたん 佐藤春夫 1952. 3.10 乾元社 南方熊楠の伝記。歴史的に貴重な本。「一種の文芸的美文をなしているが、南方の履歴・業績についての知識が不十分なので内容は案外とぼしく……」(笠井清)
24 文庫書籍 菌類彩色図譜 きんるいさいしょくずふ 南方熊楠記念館編 南方熊楠 - 南方熊楠記念館 『菌類図譜百選』にならい、当館蔵品「図譜」をもとに原図をプリントした。8枚、NO.1〜9、NO.7はない。
25 書籍 久遠の光 くおんのひかり - 1965. 5.23 南方熊楠記念館 -
26 文庫書籍 くちくまの No.100 くちくまの100 紀南文化財研究会 1995. 2.26 - 100号記念特大号 南方熊楠未発表論考(33頁〜)
27 文庫書籍 くちくまの No.83没後五〇周年記念特集号  くちくまの83ぼつご50しゅうねんきねんとくしゅうごう 紀南文化財研究会編 1990.10.20 紀南文化財研究会 南方熊楠没後50周年記念特集号 四部構成「交遊論」「社会運動・歴史的諸事件とのかかわり」「作品論」「資料紹介・文献目録」 長谷川興蔵、桜沢一昭、松本三喜夫ほかが投稿している。
28 文庫書籍 くちくまの No.95 くちくまの95 紀南文化財研究会 1993.12. 5 - 紀南文化財研究会結成30周年記念特集号 南方熊楠について(47頁〜)、「南方熊楠日記」を読む会例会抄(113頁〜)
29 文庫書籍 クニオとクマグス くにおとくまぐす 米山後直 1995.11.15(初版) 河出書房新社 「近代日本で生涯をおくった」南方熊楠と柳田國男−「この二人のライフヒストリーを並行して」たどっている。接触をもちながらも結局別々の方向に進んだ二人の人生を追う。また、この両者が先達の役割をはたした民俗学と民族学なるきわめて近い学問のなりたち、発展について考察している。(「はじめに」より)
30 文庫書籍 クマグス くまぐす 画・内田春菊
原作・山村基毅
1991. 5.25(初版) 潮出版社 -
31 文庫書籍 くまぐす外伝 くまぐすがいでん 平野威馬雄 1991.8.15(3版)(1972.7.10涛書房より初版) 筑摩書房 南方熊楠の勉強ぶり、ときに奇矯ともみえる日常、大きなテーマであった菌類研究の業績を、「南方熊楠の反権威の姿勢に強く共感した著者が力強く描く」(裏書)解説水木しげる
32 文庫書籍 熊野中辺路 歴史と風土 くまのなかへじれきしとふうど 熊野路編さん委員会 1991初版1994.11.22(2版) 熊野中辺路刊行会 既刊14巻『熊野文庫』の総集編であると同時に、写真や紀行文など独立した編をくわえて編集している。四章はそれぞれ「写真集」「総集編」「たべもの風土記」「紀行・中辺路の川と峠」。付録として中辺路の王子主要記録表、熊野行幸一欄表、見返しに地図あり。二章にある「ひと」の項で南方熊楠に触れている。
33 文庫書籍 月刊百科4冊 げっかんひゃっかよんさつ - 1995.8.1〜1996.1.1 平凡社 松居竜五「南方熊楠の英文論攷」四回連載あり、「拇印考」「虻と蜂に関するフォークロア」。また、萩原博光「ススホコリさまよえる植物」もあり。
34 文庫書籍 現代社会学の名著 げんざいしゃかいがくのめいちょ 杉山光信編 1995.7.15
(1989初版)
中央公論社 世界的に優れた社会学の著作16編。南方熊楠『南方二書』「神社合祀反対意見」(佐藤健二)の紹介記事あり。
35 文庫書籍 現代思想 特集南方熊楠 げんだいしそうとくしゅうみなかたくまぐす _ 1992. 7. 1 青土社 「形成期の南方熊楠」(松居竜五) 「熊楠の親しんだ中国文学」(飯倉照平)ほか、10人ほど論考がある。また、資料として「珍事評論第2号」を収録。特集は42〜221頁。
36 文庫書籍 孤高の叫び 柳田國男・南方熊楠・前田正名 ここうのさけびやなぎだくにおみなかたくまぐすまえだまさな 松本三喜夫 1991.10.30(初版) 近代文藝社 第二章「南方熊楠」がある。105〜229頁。南方の大英博物館体験、庶民性、古田幸吉との関係などが内容。
37 文庫書籍 古代海人の世界 こだいかいじんのせかい 谷川健一 1995.12.10(初版) 小学館 海人の世界を追う。「第一章古代海人の世界」「第二章漂白と移住の海人」「第三章海彼の来訪者」。この本は南方熊楠には直接関係しない。一部、館蔵品である「ウガの標本」や「山の神オコゼ魚屏風」の写真がある。
38 文庫書籍 雑誌『太陽』 1990年11月号 ざっしたいよう1990.11 _ 1990.11.20 平凡社 特集「特集奇想天外な巨人 南方熊楠」(6〜95頁)、「森羅万象をき集する」「創造性の原点」ほか。カラー写真が豊富、記念館の展示品の写真も多数掲載(印あり)。
39 文庫書籍 自然保護のさきがけ 南方熊楠 しぜんほごのさきがけみなかたくまぐす 三田村信行・作飯野和好・絵 1993.10.18(初版) 講談社・火の鳥伝記文庫 児童書。「学校はきらいだが勉強は大すき。いまでいう落ちこぼれ。しかし、18か国語を話す、大博物学者の熊楠。天才か奇人か?型やぶりの人生を生きぬいた、巨人の一生をえがく」(裏書)。はじめに写真頁あり、記念館の展示品も掲載、末尾に天皇、孫文について説明あり。記念館の写真も載っている。
40 文庫書籍 自然を愛した「人間博物館」 南方熊楠 しぜんをあいしたにんげんはくぶつかんみなかたくまぐす 監修/荒俣宏 まんが/みやぞえ郁雄 シナリオ/千葉幹夫 1996.9.20 小学館 南方熊楠の学習のためのまんが。事実にそくして書かれている。
41 文庫書籍 縛られた巨人 南方熊楠の生涯  しばられたきょじんみなかたくまぐすのしょうがい 神坂次郎 1990. 5.30(20刷) (1987. 6.20初版) 新潮社 勉強好きの学校嫌い、少年期は天狗、長じては「歩くエンサイクロペディア」と称された南方熊楠(帯)。一生を、多くのエピソードを交えて書かれた小説。歴史的な評価を受ける。
42 文庫書籍 十二支考 1 2 じゅうにしこう1.2 南方熊楠 1972. 8.10 平凡社 平凡社版『南方熊楠全集』から主著「十二支考」を、三冊にまとめた本。
43 文庫書籍 十二支考 3 じゅうにしこう3 南方熊楠 1973. 9に初版 平凡社 平凡社版『南方熊楠全集』から主著「十二支考」を、三冊にまとめた本。
44 文庫書籍 自由のたびびと南方熊楠 じゅうのたびびとみなかたくまぐす 三田村信行・作
飯野和好・絵
1993. 5.24(初版) PHP研究所 小中学生用の南方熊楠の読物。「南方熊楠は、生物学者としてだけでなく、博物学、考古学、民俗学の分野でも世界に通じた偉大な学者であった。その巨人の生涯をたどる。」(表紙裏書)
45 文庫書籍 ジュニア朝日年鑑 じゅにああさひねんかん _ 1990. 3.10 朝日新聞社 児童書。一部に南方熊楠について記事「キノコ博士でもあった万能の人」あり。データブック付。
46 文庫書籍 白浜町誌 しらはまちょうし _ 1984.2. 1 白浜町 記念館に関する記事
47 文庫書籍 白浜町誌 しらはまちょうし _ 1986.3.10 白浜町 なかずのカエルの記事は南方熊楠の文章から引用
48 文庫書籍 白浜町誌 しらはまちょうし _ 1988.3 白浜町 記念館に関する記事
49 文庫書籍 新文芸読本 南方熊楠 しんぶんげいとくほんみなかたくまぐす _ 1993. 4.10(初版) 河出書房新社 セイロン沖で漱石と熊楠がすれ違ったことをはじめに書いた渋沢龍彦の「悦ばしき知恵」、燕石考について岩村忍が述べた「南方熊楠の英文著作」など重要な昔の南方熊楠論を再録し、かつ最近発見されたシュレーゲルとの書簡とそれとの論争を描いた松居竜五の「ロスマ論争」など20人ほどが参加している。はじめに「ロンドン抜書」の紹介がある。ブックガイドは充実している。
50 文庫書籍 素顔の南方熊楠 すがおのみなかたくまぐす 谷川健一
中瀬喜陽
南方文枝
1991. 7初版
1992. 9 4版
_ 南方熊楠の人物像を描く。谷川健一「二人の巨人−南方熊楠と柳田國男−」、中瀬喜陽「夢の巨人 南方熊楠」、南方文枝「父 南方熊楠を語る」ほかを収録している。「夢の巨人 南方熊楠」以外は再録したもの。
次へ


財団法人 南方熊楠記念館
〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町3601-1(番所山)
TEL・FAX 0739-42-2872

トップページへ 館内案内目次へ